不動産投資家専門!税理士紹介ドットコムは、株式会社イーネットが提供する不動産投資家の為だけの税理士紹介サービスです。

不動産投資家専門!税理士紹介ドットコム
お問い合わせはこちらから
mobilemenu
  1. 不動産投資家専門!税理士紹介ドットコム TOP
  2. 不動産譲渡所得(所得税)について

不動産譲渡所得(所得税)について

不動産を売却することによって生じた所得を譲渡所得といいます。他の所得と分離して所得税と住民税が課税されます。

不動産を売却すると、売買差益が出ることが多いですね。

そしてそこから費用を差し引くと譲渡所得という課税対象となるのです(譲渡所得がマイナスになった場合は課税されません)。

この譲渡所得、なにがなんでも課税しようというものではありません。

所得を得たとしても、利益を目的とした活動から生まれたものではなく、暮らしの中での取引に関しては課税を見送りましょうとしているのです。

特にマイホームを売ったような場合には税金をかけないとしているのです。生活上の必要で売るような場合にまで課税しませんよ、と税法では規定されています。

マイホームのことを税法では、「(自己)居住用財産」といいます。

この「(自己)居住用財産」を売って譲渡益が出た場合でもいくつかの特例があり、代表的なものが『居住用財産の3000万円特別控除』というものです。

自分が住んでいた居住用財産(土地、住宅)を譲渡して、譲渡所得が3000万円を超えなければ税金は1円もかからないということです。

譲渡所得の特例のなかでも重要な規定です。

譲渡所得の計算

譲渡所得 = 譲渡収入金額(注) - (取得費 + 譲渡費用)

(注)不動産の譲渡代金、固定資産税・都市計画税の清算金

課税譲渡所得 = 譲渡所得 - 特別控除(居住用の3,000万円特別控除の特例等)

税額計算

税額 = 課税譲渡所得 × 税率(所得税・住民税)

※税率は長期譲渡所得の場合(20%)、短期譲渡所得の場合(39%)

譲渡所得の区分 所得税率 住民税率
短期譲渡所得 30% 9%
長期譲渡所得 15% 5%

売却した不動産の所有期間が5年以下のものは「短期譲渡所得」、5年を超えるものは「長期譲渡所得」と区分されます。

課税方法

不動産の売却に伴って生じる譲渡所得については、他の所得を合算せず、個別に税額を計算する分離課税方式が採用されています。

― スポンサードリンク ―

オススメしたい6つのポイント

不動産投資に強い税理士のご紹介・面談設定までの流れ

ご相談の流れ

税理士のご紹介・面談の流れはこちら

相談無料。面談だけで終了してもOK!

私たちにお任せください!ピッタリの税理士お探し隊 イーネット お問い合わせ・ご相談はこちら このページの先頭に戻る

お問い合わせ・ご相談はこちらから

不動産投資税務に関する無料相談受付中
「とりあえず相談したいんだけど・・・」
もちろん大歓迎です!
税理士の紹介無料!面談による相談も無料!

お電話はこちらから

TEL:0120-37-7629
タップでお繋ぎ致します

受付時間 / AM9:00~PM6:30(平日)

専用フォームはこちらから

お問い合わせ・ご相談

不動産投資家専門!税理士紹介ドットコム
お問い合わせ・ご相談はこちら

Copyright (C) 2015 不動産投資の税務のことなら、不動産投資家専門!税理士紹介ドットコム All Rights Reserved.
掲載コンテンツ・イメージの転写・複製等はご遠慮下さい。