不動産投資家専門!税理士紹介ドットコムは、株式会社イーネットが提供する不動産投資家の為だけの税理士紹介サービスです。

不動産投資家専門!税理士紹介ドットコム
お問い合わせはこちらから
mobilemenu
  1. 不動産投資家専門!税理士紹介ドットコム TOP
  2. アパートローンの相続(名義変更)はどうする?

アパートローンの相続(名義変更)はどうする?

アパートローンと相続

たとえば、ある人のお母さんが亡くなり相続が発生したとします。

アパートローンが残っている場合は、ローンの名義変更を銀行にお願いしたいと考えるでしょう。

アパートを相続することになっていれば、そう考えるのは自然です。

ところが、相続人の返済能力とアパートの収益力によっては、銀行は承諾してくれないことが考えられます。

法律上、死亡によって相続が開始されると、故人の債務も法定相続分に合わせて分割されて、共同相続人それぞれに承継されます。

相続人同士が債務を法定相続分と異なる割合で引き受ける約束をしていても、債権者である銀行にそれを主張することはできないのです。

相続人同士での取り決め自体は有効ですが、銀行が認めてくれなければ意味がありません。特定の相続人が引き継ぐには、銀行がその人の返済能力など新規の融資と同様に審査して、新たに金銭消費貸借契約を結ぶことになります。

なぜ自由にアパートローンの相続が決められないかというと、債権者である銀行を保護するためです。

もし、借金だらけの相続人にすべての債務を負担させて、ほかの相続人がプラスの財産を相続することができるとすると、債務を負担した相続人は返済ができないのでその状態で破産してしまうでしょう。

つまり、計画的に返済を逃れることが可能になってしまうわけです。

銀行としてはメリットがないのにアパートローンの名義変更を認めたくありません。

最後まで正常に支払うという約束のもと、当初の契約を結んだわけですから、それが揺らぐような変更を認めることに何のメリットもありません。

そのため、相続人に銀行を納得させるだけの信用力がなければ、アパートローンの名義変更を銀行に承諾させることは難しいのです。

ということは、相続人の返済能力が現在の債務者より同等かそれ以上のケースであれば、名義変更の承諾を得られる可能性は高いということです。

信用力のあるほかの相続人にお願いして連帯保証人になってもらうというのも一つの方法です。もし、条件を整えても銀行が承諾してくれない場合は、別の銀行に借り換えをするという方法があります。

ローンの借り換えというと、一般には金利の安い銀行に借り換えるものですが、このケースでも相続人の融資上の信用力を認めてもらえるなら、借り換えは可能です。

もちろん別の銀行でも通常の融資と同様の審査があるわけですが、審査に通過すれば、借り換えと同時にアパートの所有名義とローン名義の変更は達成できます。

急な投資に対する資金需要はありませんか?家賃収入を前倒し現金化するファクタリングとは?

「売掛金(家賃収入)」がある方のための新しい資金調達方法で、銀行返済の条件変更中(リスケジュール)でも赤字決算、債務超過でも、担保不動産、保証人がなくても利用可能です。

利用条件は2つ。

  • 事業資金専用のサービスであること(生活費や教育ローンには利用できません。)
  • 100万円以上の売掛金(家賃収入)が必要であること

→ 売掛金をお持ちで急な事業資金を調達する場合はこちら(まずは10秒カンタン無料診断)

― スポンサードリンク ―

オススメしたい6つのポイント

不動産投資に強い税理士のご紹介・面談設定までの流れ

ご相談の流れ

税理士のご紹介・面談の流れはこちら

相談無料。面談だけで終了してもOK!

私たちにお任せください!ピッタリの税理士お探し隊 イーネット お問い合わせ・ご相談はこちら このページの先頭に戻る

お問い合わせ・ご相談はこちらから

不動産投資税務に関する無料相談受付中
「とりあえず相談したいんだけど・・・」
もちろん大歓迎です!
税理士の紹介無料!面談による相談も無料!

お電話はこちらから

TEL:0120-37-7629
タップでお繋ぎ致します

受付時間 / AM9:00~PM6:30(平日)

専用フォームはこちらから

お問い合わせ・ご相談

不動産投資家専門!税理士紹介ドットコム
お問い合わせ・ご相談はこちら

Copyright (C) 2015 不動産投資の税務のことなら、不動産投資家専門!税理士紹介ドットコム All Rights Reserved.
掲載コンテンツ・イメージの転写・複製等はご遠慮下さい。